top of page

​exhibition

・HAIOKU Artist in Residency
《accumulation》
常設作品


髙野千聖 accumulation
2024.1.28 - 2.25
11:00-16:30 ※日曜日のみ開放
@バラックリン(神鉄丸山駅降りて左の坂を下って徒歩1分)

​合同会社廃屋・西村組("巣"的建築Webサイト)

HAIOKU Artist in Residency - "巣"的建築studio.sitehttps://haioku-air.studio.site

_DSC0615.JPG
_DSC0503.JPG
_DSC0527.JPG
_DSC0624.JPG
DSC03741.jpg

​Photo:Kenya Matsusaki

20240207.jpg

​Photo:Kenya Matsusaki

IMG_4905.JPG

zine「accumulation」
レジデンス作品概要・コラージュ(全26ページ)
販売中※メールにてお問い合わせください

7面裏(表紙半分).gif

髙野 千聖 個展「Cycle」
会期|2023年4月8日〜2023年5月7日

会場|千鳥文化ホール

入場料|無料

協力|千島土地株式会社(古材バンク)

デザイン|YUKA 
​撮影・編集|kotaro konishi

《intersection-Kitakagaya》2023

 

「RANZANSTUDIO」
  at Tobu Tojyo Musashiranzan Staition (2021.11.25-12.9)

DSC_0573.jpg
DSC_0571.JPG
DSC_0570.jpg
DSC_0569.jpg
DSC_0588.JPG

「無いグラム」
   at Art Spot Korin (2019.9.3-15)

Img88071.jpg
ASK3_edited.jpg

《The Unknown and Unknowable》2019

 

人は大なり小なり物事を天秤にかけることがあります。ここでいう「物事」とは、言葉でも感覚的にも掴みきれないことを指します。それらの「物事」を多角的に見ることで本質を捉えることを天秤をモチーフに作品にしました。天秤は重さをはかる役割があり、左右対称に器があります。この作品では、そのはかる役割を解体するために、片割れの状態にした天秤にし、アンティークガラスに球を写り込ませ、虚像の球を作りました。ガラスに映り込む球は言葉でも感覚的にも掴みきれない「物事」として存在することで、片割れであるからこそもう片方の天秤が存在できるが、その存在は悟性や感性では捉えられない世界そのものを表しています。

 「stage」
   at Kindai University (2018.​12.10-2019.1.12)

bottom of page